2005年06月02日

持続可能なスウェーデン・ツアー 可能性の森・2005年

CIMG0087.JPG CIMG0367.JPG

持続可能な社会の最先端をいく国の一つ北欧のスウェーデン。
そんなスウェーデンの素敵な活動を紹介するツアーが今年も始まります。
日本とスウェーデンの架け橋役、レーナ・リンダルさんから。
      ★祝・催行決定★
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「持続可能なスウェーデン・ツアー 可能性の森・2005年」
Sustainable Sweden Tour - Forest of Possibilities
2005年9月3日(土)〜9月10日(土)
(現地ストックホルム集合/解散)
主催:エーサム(ESAM)社
協力:持続可能なスウェーデン協会
   スカンジナビア政府観光局
http://www.netjoy.ne.jp/~lena/SusTourForestSep2005.html
ご問い合わせ先: VZQ11450@nifty.ne.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
参加申込み期限:催行が決定したので、追加申込み歓迎です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スウェーデンの林業 〜 それは持続可能で、世界的に先端的なものでしょうか
 主な研修・視察内容:
  スウェーデンの森の様々な価値
  国、地域、民間森林所有者の視点から見た林業
  小学校や森林所有者のための森林教育
  環境認証制度:FSC、PEFC
  循環型社会における森林、その研究
  暖房熱源としての森
  建材の原材料としての森
  将来の車燃料の原材料としての森
  観光や手芸の資源としての森
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
プログラム

9月3日(土) ストックホルム(Stockholm)
各自日本出発/ストックホルム到着
9月4日(日) ストックホルム(Stockholm)/ウーメオ(Umea)
オリエンテーション、ストックホルム市内観光
  飛行機でウーメオ市へ
  主催者紹介
  入門:「スウェーデンの森の様々な価値」
9月5日(月) ウーメオ(Umea)
持続可能な開発における森林の役割
  国と地域レベルで見たスウェーデンの林業
  小学校における森林教育(学校訪問)
9月6日(火) ウーメ地域(Umeregionen)
  国有林と民有林における森林認証と教育
  FSC認定林やPEFC認証
  スウェーデン最大の環境保護団体、「自然保護協会」から見た林業と森林認証の在り方
  森林伐採現場見学
9月7日(水) ウーメ地域(Umeregionen)
循環型社会における森林。森林研究。
余暇活動に活用する森とエコツーリズム資源としての森(自然体験)
9月8日(木)  ビグドシルユム(Bygdsiljum)/シェレフテオー(Skelleftea)
  建材の原材料としての森。製材所見学。
  暖房の熱源としての森。バイオ燃料、ペレットボイラー、地域暖房。
  ペレット工場見学(シェレフテオー・エネルギー公社)
9月9日(金) ウーメオ(Umea)
  将来の車燃料の原材料としてのバイオマス
  乗用車利用者のための循環型地区グリーンゾーン(GreenZone)見学
  送別会
9月10日(土) ウーメオ(Umea)/ストックホルム(Stockholm)
  飛行機でストックホルムヘ(SK029便、10:25ウーメオ発、11:25ストックホルム着)
  解散、各自帰国(11日に日本に到着することが可能)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
CIMG0166.JPG 主催:エーサム(ESAM)社
協力:持続可能なスウェーデン協会
   スカンジナビア政府観光局
企画:エーサム(ESAM)社 + レーナ・リンダル
アレンジ:エーサム(ESAM)社 + 現地旅行会社
言語:日本語
通訳:レーナ・リンダル
集合・解散場所:
ストックホルム(Stockholm)市
募集人員:15名
参加費:25,000スウェーデンクローネ
(1クローナが15円のレートですと、37万6千円です。現地集合ですので、日本とスウェーデンの間の航空券は含まれていません。)
参加申込み期限: 2005年6月17日までにご連絡ください。
予約金:5,000スウェーデンクローネ
予約金の支払い方法:エーサム社への国際送金
日本語のご問い合わせ先: VZQ11450@nifty.ne.jp
(レーナ・リンダル宛)
posted by 斉藤哲也 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(3) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございます。こんなスタディーツアーもあるんですね。学生の僕にはちょっと高いので無理ですが、こうしたことに関心のある人が増えて欲しいです。
 スウェーデンでは森林を散歩することが日本よりもっと一般的だと、ある本で読みました。
日本でも、例えば、身近な例では京大植物園の観察会にはたくさんの地元の方が来ています。
 そんな機会がもっと一般的になって欲しいですね。ちょっとそれましたかね。

 
Posted by taiji at 2005年06月11日 00:11
はじめまして。安藤と申します。

この度、私のサイト「地球最後の日近し(?)のリンク」にサイトをリンクさせて頂きました。リンクを削除したい場合など何かありましたら私のサイトのゲストブックまでお気軽にご連絡下さい。それでは!
Posted by あんどう at 2005年06月20日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第2回木遣いセミナー
Excerpt: 先日、豊田産業文化センターで開催された、「第2回矢作川水源の森 木遣い(きづかい
Weblog: 思いつくまま-足助から-
Tracked: 2005-06-11 10:36

スウェーデンにおける持続可能な森林経営
Excerpt: 「持続可能なスウェーデン・ツアー」についてトラックバックをいただきました。スウェ
Weblog: ForestBIZ
Tracked: 2005-06-12 23:17

林業
Excerpt: 林業林業(りんぎょう)とは、森林に入り、主として樹木を伐採することにより木材を生産する産業。生産物は木材のほか、薪炭や漆、竹、シイタケ|椎茸などの特用林産物なども含む。第一次産業の一つ。また、その産業..
Weblog: 金融辞典
Tracked: 2005-07-06 04:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。